皮膚真菌症の治療薬の種類

真菌とはいわゆるカビのことで、自然界には広く分布しているものですので、例えば味噌、醤油、日本酒をつくるのに用いられている麹、かつお節をつくるときのカビ付けなども、もとはといえばこうした真菌類に属するものを利用したものです。
このようにありふれたものでありながら、疲労やストレスなどで体力が低下したり、真菌が付着したままの不潔な状態を保っていたりすると、人体に寄生してさまざまな病変をたらします。
これが皮膚真菌症とよばれるものであり、大きくは皮膚の表面などの浅い部分にとどまる浅在性皮膚真菌症、皮下組織など深いところまで及んだ深在性皮膚真菌症とに分けられます。
発症例の9割方は浅在性皮膚真菌症に属するもので、一般的な名称でいえば、水虫、たむし、白癬、皮膚カンジダ症、口腔カンジダ症、外陰カンジダ症などとなっています。
こうした皮膚真菌症に効く治療薬としては、ミコナゾールのような窒素を含む環式有機化合物の系統が広く使われ、これは真菌の細胞膜を合成する要素の一部を阻害するという作用があります。
また、細胞膜そのものを破壊して死滅させてしまう抗真菌抗生物質、皮膚の表面を酸性にして真菌が生育できないようにする脂肪酸系の物質など、他にもミコナゾールなどとは作用するメカニズムが異なる種類の医薬品がいくつかみられます。
こうした医薬品の外見としては、例えば硝酸ミコナゾール軟膏のように、外用で塗布する軟膏・クリームタイプのものが多いですが、真菌が寄生する場所は必ずしも手足などの軟膏が塗りやすい場所ばかりとは限りませんので、液体タイプ、ゲル(ジェル)タイプ、座薬、内服薬、注射タイプなど、場所にあわせて工夫されています。

ミコナゾールの主な副作用

ミコナゾールは、抗真菌薬という種類に属する医薬品で、真菌、わかりやすく言えばカビの一種がヒトの皮膚などに感染するために起きるさまざまな病気に効果があります。
その例としては、水虫やたむしと一般によばれる白癬症、外陰カンジダ症や皮膚カンジダ症などの部位による種類をもつカンジダ症、口角炎などが知られています。
このミコナゾールには、真菌の細胞膜が合成されるときに使われる成分を阻害するといった作用があるため、一定の濃度が保たれれば、この作用によって病気の原因である真菌を消滅させることができるのです。
ミコナゾールの対象となる病気はさまざまな場所に発生することから、製品としては一般的な軟膏タイプのほかに、口の中に用いるジェルタイプ、座薬タイプ、注射などのいくつかのタイプがみられます。
そのため、どのようなタイプかによってミコナゾールの副作用の現れ方も異なるのですが、皮膚に塗る外用の軟膏・クリームのタイプであれば、皮膚が発赤する、かゆみがある、塗ったところだけ炎症がある、皮膚がはがれる、刺激感がある、小さな水ぶくれが出るなどというのがよくある症状です。
座薬タイプでは、じんましん、かゆみなどの過敏症のような副作用が知られています。
経口用のジェルタイプでは、吐き気、食欲不振、口のなかに違和感がある、味覚異常、発疹などが挙げられます。
注射については、重大なものとしてはアナフィラキシー、肝機能障害、急性腎不全、心室性不整脈などが、その他のものについては、貧血、めまい、頭痛、血圧低下などがあります。
注射を除いてそれほど重大なものはありませんが、いずれにしても、こうした副作用があった場合には、医師や薬剤師に相談して、対応をすることになります。