抗真菌薬ミコナゾールの効果

ミコナゾールは、抗真菌薬とよばれるカテゴリに属するものであり、一般的にいって水虫などの白癬症、カンジダ症などの治療用や、濃度が高い場合には殺菌用としてもすぐれた効果を発揮するものです。
真菌というのはカビのことを指していますが、通常であれば皮膚や粘膜についたとしてもかんたんに洗い流されてしまい、人体にそのまま寄生して増殖するようなことはありません。
しかし、例えば足の指の間のように、靴を履くことによって常に蒸れて湿り気があり、しかもシャワーなどで洗いづらいような場所を中心として、小さな傷口などから体内に侵入して増殖をはじめ、皮膚が猛烈にかゆい、皮膚が白くふやける、表面の皮が剥けてしまうなどといった症状をもたらすことがあります。
こうした目につく皮膚の表面のほかにも、実は同じように湿り気や温度があって真菌にとっては住みやすい環境の口のなか、食道、陰部などにも、同様に白い苔のようなものが生えたり、ひりひりとした痛みがあったりという症状がみられることがあり、体力が低下したと人やもともと体が弱い高齢者などがなりやすいとされています。
ミコナゾールには、こうした真菌がもっている細胞膜の合成を阻害するというはたらきがありますので、投与すれば真菌がそれ以上増殖することができないようになるほか、高い濃度では真菌の細胞膜が変質してしまうため、殺菌的な作用をもたらすということが知られています。
ミコナゾールは、一般には軟膏やクリームとして患部に直接塗ることができるタイプのものが薬局やドラッグストアなどで市販されていますが、配合量が多く効き目が強いものについては、病院で医師から直接処方を受けて、使用することになります。

■真菌ではなく細菌にはこちら
感染症にはアジスロマイシン